工事写真整理代行サービスとは?

日々撮影する写真データを建設サポート(ネット上)に送信。電子納品データから出来形管理数値入力等まで当社担当者が、現場代理人の皆様に代わり写真を整理します。

このような日常業務(写真以外にも)を外注にサポートさせることにより、現場に従事している社員が、現場の工程や予算などに集中できます。また、現場事務所に戻ってからの内業の残業時間が減ります。

また、今まで現場に配置している社員を削減させることが考えられるので、削減させた社員で新たな現場を受注することが可能となります。

STEP1【お見積り】

 工事内容、規模、写真枚数等により、当社にてお見積りを致します。

STEP2【写真データを送信・整理】

 現場で撮影した写真をネット上に送信。

工事写真を現場で撮影。黒板内容に従い、工種・種別・細別の振分け作業を行います。

※写真整理ソフトで閲覧・管理頂ける状態で、お客様と共有します。

※基本的に写真には黒板を写して撮影して頂きます。こちらで分からない写真については、別途、お客様と連絡を取り合って振分けを行います。または、ツリーに分からない写真(タイトル)を作成し、そこに振分けますので、お客様の方で対応して頂くことになります。

STEP3【出来形規格値・実績値データ整理】

 出来形管理写真は、黒板の情報を基に実測値・規格値の入力までサポートします。

STEP4【完成データの受取り】

 写真データは、電子納品として引渡します。

お客様のご指定により、出来形管理図等の帳票データも印刷可能な状態、若しくは成果品としてお返しします。

※但し、写真がある部分しか記入していないため、それ以外の測点が必要な場合はお客様に記入して頂きます。