ICT施工

ICTとは、「Infomation and Communication Technology」の略で、情報通信技術を活用して、建設に関わる生産性向上や品質の確保を目的としたシステムです。
これまで人員や時間が必要とされていた丁張り、測量などを、3次元(3D)データを使用することで削減し、安全性も向上させることができます。また、その施工過程で得られたデータを他の工程に活用させることができます。

位置情報の取得
ICTでは、位置情報の取得をリアルタイムでおこなうため、人工衛星を使用する「RTK-GNSS」という方法で観測をおこないます。精度は数cm以下という高い精度が特徴です。受信方法は2つあります。
〇基地局型RTK
→現場に基地局を設置し、無線を使用して補正データの送信を行います。
〇ネットワーク型RTK
→携帯電話やwi-fiを使用し、インターネット回線を使用して補正データの送信を行います。
GNSSで測定したデータを現場の座標系に変換するため、事前に一度だけ「ローカライズ」という作業が必要になります。

3次元データの活用
ICTは、あらかじめ3次元データを作成する必要があります。作成した3次元データをもとにして施工が進められるので、非常に重要なデータです。
作成したデータはその場の施工だけではなく、面積や排水勾配の確認にも活用することができます。

ICT施工に関しての詳細は、建設サポートへお問い合わせください。