google workspace とは③

建設サポートでは、google workspace の導入をサポートしております。 google workspaceで使える機能の一部をご紹介いたします。

1.googleフォーム フォーム作成ツールです。フォームを使って、アンケート、申し込みフォーム、お問合せフォームを作成することができます。アンケート結果は、googleスプレッドシートに自動で集計でき、分析に役立てることができます。
2.googleキープ メモアプリです。メモ帳の代わりにメモをのこしたり、残したメモをチェックリストとして活用することもできます。メモは入力だけではなく、音声入力、写真、手書きとその人に合ったメモを作ることができます。さらには、日時を指定すると教えてくれる機能もあります。
3.googleJamboard 複数の使えるホワイトボードのような機能です。実物のホワイトボードと同じように書き込みを加えたり、色付けしたり、写真や絵、ポストイットを貼るとことができます。googleミートと組み合わせることで、googleJamboardを使い書き込みながら相手に説明することができます。
次に、googleドライブをご紹介します。 googleドライブとは様々なファイルをオンライン上に保管するサービスです。インターネット環境があれば、パソコン、タブレット、スマートフォンなど機種に関係がなく、ほぼ同じようにどこからでも見ることができます。
また、第三者とファイルを共有することができ、ファイルのやり取りをしなくてもデータのやり取りができたり、共同で編集することができます。
保存できるファイルは、ドキュメント、スプレッドシートのほかに写真、動画、音声も保管することができる上に、PDFやWord、Excelのデータなど様々なデータを保管することができます。
保管するだけではなく、googleドライブからドキュメントやスプレッドシートの作成もすることができます。
google workspaceの有料アカウントであれば、個人だけではなくチーム単位などでファイルを共有することができます。
いかがでしたか、 他にも使える機能があります。google workspaceの機能をご紹介いたしました。 ご興味がある方は建設サポートまでお問い合わせください。