新型コロナウイルス関連

一日一日と気温がさがってきて、本格的な冬の到来が迫ってきていますね。 新型コロナウイルスも第3波の流行が心配されます。

新型コロナウイルスの流行に伴って、国や地方自治体から様々な助成金が用意されております。

今回は岩手県北上の事業主様が利用できる助成金をご紹介致します。

①地域中小企業応援給付金

・北上市内で事業を営む事業主

・前年比で30%以上売上高が減少している
事業主 ※国の持続化給付金との併給はできない 一律20万円

②地域企業経営継続支援事業補助金

・市内に住所を有し、事業を営む中小事業主

・小売り、飲食・宿泊業・サービス業を営む事業主

・売上高が前年同月比50%以上減少している事業主 令和2年4月以降の連続する3か月分の家賃の1/2以内 ※月あたり10万円が上限

③持続化給付金

・新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業主

・中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者。または、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人 上記どちらも満たす方 法人200万円 個人事業主100万円以内

④小規模事業者継続化補助金 ・商工会議所の定めた小規模事業主に該当する事業主 原則50万円が上限

⑤テレワーク助成金(新型コロナウイルス感染症対策)

・労働者災害補償保険の適用中小企業事業主の事業主

・ 小売業(飲食店を含む)、サービス業、卸売業、その他の事業主で一定規模以下の事業主 ※どちらかを満たす事業主

・次の取り組みをいずれか1つ以上実施

(1)テレワーク用通信機器の導入、運用

(2) 就業規則・労使協定等の作成、変更

(3) 労務管理担当者に対する研修

(4)労働者に対する研修、周知・啓発

(5)外部専門家によるコンサルティング

⑥小学校休業等対応助成金(事業主向け)

・新型コロナウイルス感染症の影響により、小学校等が臨時休業等した場合等に、その小学校等に通う子どもの保護者である労働者に有給休暇を取得させた企業 有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金総額×10/10、

※支給上限額は1日あたり 8,330円、令和2年4月1日以降に取得した休暇については 15,000円

⑦小学校休業等対応助成金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

・新型コロナウイルス感染症の影響により、小学校等が臨時休業等した場合等に、子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者 就業できなかった日について、1日あたり4,100円(定額)

※ 令和2年4月1日以降の日については、1日あたり7,500円(定額)

⑧肉用子牛生産者補給金

4半期毎の肉用子牛の平均売買価格が、保証基準価格を下回った場合に、その期間中に肉用子牛を販売又は自家保留した生産者に対し差額分の補給金を交付

⑨肉用牛肥育経営安定交付金

肉用牛の標準販売価格が標準的生産費を下回った場合に、その差額の9割を交付金として交付。

いかがでしたか、今回は岩手県北上市で事業をされている方向けの助成金についてご紹介いたしました。

北上市だけでもこれだけの新型コロナウイルスに関連した助成金があります。

今後、他の自治体の助成金についてもご紹介していきます。