ドローンの整備点検

ドローンのメンテナンスの話です。

現在はかなり小型のドローンも登場していますが、それでも重量は1㎏以上のものがほとんどです。

もし、ドローンが墜落した場合、ケガや事故につながる危険性があります。

そんな墜落事故を起こさないように、今回はドローンのメンテナンスを紹介します。

ドローンの整備と点検項目については、国によって定められております。

国土交通省の「無人航空機 飛行マニュアル」には、ドローンを飛行させるための手順が記載されており、ドローンの整備と点検に関する項目が初めに記載されております。

・飛行前

ネジ等の脱落やゆがみがないか

モーターの音に異常はないか

機体に損傷やゆがみがないか

燃料またはバッテリーの量は十分か

通信系、水深系、電源系統および自動制御は正常か

・飛行後

機体にゴミなとの付着はないか

ネジ等の脱落やゆがみがないか

機体に損傷やゆがみがないか

異常な発熱がないか

・飛行時間20時間ごと

交換が必要な部品はないか

ネジ等の脱落やゆがみがないか

機体に損傷やゆがみがないか

通信系、水深系、電源系統および自動制御は正常か

このように、それぞれに点検項目が設けられている。

また、マニュアルには20時間の飛行後の点検ごとに「無人飛行機の点検・備忘記録」の作成が推奨されています。

いかがでしたか、いろいろな現場で活躍できるドローンですが、万一、墜落事故などを起こしてしますと大変なことになる可能性があります。普段からメンテナンスを行い機体の整備不良を原因とする事故の発生を防ぎましょう。