「i-Contruction」とは

国土交通省は、平成27年12月に「i-Contruction」の導入を発表しました。

この「i-Contruction」とはどのようなものなのでしょうか?

「i-Contruction」とはどのようなものなのか、また、「i-Contruction」でどのように変化が起こるのか見ていきましょう

国土交通省によると、「i-Contruction」の導入によって

・ひとりひとりの生産性を向上させ、経営環境の改善を図る

・建設業に携わる人々の、待遇面(給与・休暇)での改善

・現場での死亡事故をゼロに

魅力ある建設現場を目指すという取り組みです。

具体的な取り組みとしては

・ICT技術の全面的な活用

・規格の標準化

・施工時期の平準化

3つの取り組みを中心に建築現場での生産性の向上ために推し進められています。

いかがでしたか、「i-Contruction」は、生産性の向上、労働環境の改善、安全を目指し、これまで3K(危険、キツイ、汚い)と言われた建設業界のの労働環境を改善し、魅力のある業界となるための方針だと言えます。